お金と人生

 仕事において、色々な背景を持った方と関わります。
そして、その人の生活を支援するためにその人の過去の生活歴を聴きます。
 その人の学生時代・仕事・家族関係・病歴等、様々なことを聴きます。
もちろん、いきなり全てを聴くわけではなく、少しずつ信頼関係を構築しながら、聴いていきます。
 そこで、聴く人生には、紆余曲折あり、1人1人オリジナルです。
「事実は小説よりも奇なり。」とはよく言ったものです。
仕事ではなく、相続等で大きなお金を得た人は、その後に大きく転落する出来事が生じるような事実をよく聞きます。
 人生は、周りながら・巡りながら出来ています。
自身の頑張りや苦労の結果、生じるものがお金なのかなと、そのような話を聴くために感じます。