さよならから新しい時代へ

 今年はシャビアロンソ、ラームの引退、ホワイトハートレーン、ビセンテカルデロン等歴史のあるスタジアムの閉鎖等、フットボールの世界は新しい時代へ突入しようとしています。
 さらに低迷を続けていたイタリアにも、若手が台頭し、再びティフォージがスタジアムに足を運ぶようになりました。
その影響かミラノやローマにも新しいスタジアム建設の話が持ち上がってきました。
 中学の時から観ていた選手やスタジアムとの別れは寂しいものです。
しかし、どのような分野でも人や物の入れ替わりは必要です。
 良い時代にすがっているだけでは、衰退していきます。前に進むことだけでしか、生き残ることはできません。
「さよならから新しい時代へ」フットボール界も大きく舵をとろうとしています。
 「新しい時代へ懸けてきた。」