そして、誰もケアマネをやらなくなった5

 

 「良い人か‥それは‥その言い方は、僕はあまり好きじゃないんだ。だって、それって‥自分にとって都合の良い人のことをそう呼んでいるだけのような気がするから。」

 「すべての人にとって、都合の良い人なんていないと思う。誰かの役に立っても、他の誰かにとっては、悪い人になっているかもしれないし‥だから、アニがこの話に乗ってくれなかったら‥アニは、僕にとって悪い人になるね‥。」

 『進撃の巨人』アルミンの言葉です。

 

良い人か… それは…その言い方は僕はあまり好きじゃないんだ だってそれって… 自分にとって都合の良い人のことをそう呼んでいるだけのような気がするから  すべての人にとって都合の良い人なんていないと思う 誰かの役に立っても他の誰かにとっては悪い人になっているかも ...

 

 

 クイズです。

 

 毎日訪問介護(ヘルパー)が入り、自分で出来たり家族がいるにも関わらず、掃除や洗濯・買物等をやって貰い、さらには、訪問診療(医師やそのサポートをする人数名が自宅に訪問するサービス)を利用し、それ以外にも、精神科や整形外科・眼科等複数の病院に掛かり、薬を貰いまくり、世間話しかしないのにも関わらず訪問看護を利用し、福祉用具貸与でベッドや車椅子を借り、通所介護(デイサービス)にも週2回行っているにも関わらず、お金を1円も払わなくて良い人は、誰でしょうか?

 

 

 答えは、生活保護受給者です。

 

 

 

 先日、介護保険の認定調査で伺った高齢者の夫が「日本は、我々下々に厳しい国だ。」等という主張を私に、ぶつけてきました。

 流石に頭にきてしまい「日本程、下々に優しい国はありませんよ。」と私の主張をぶつけてしまいました。

 

 良いか、悪いかは、別として、2008年に私がインドのカルカッタを旅した時、日本でいう生活保護受給者にあたるような人は、全てホームレスであり、道端で死んでいる人も複数いました。

 インドを旅した後、私は、日本の社会保障制度の素晴らしさを実感しました。

 だって、道端で死んでいる人もいなければ、生活保護を申請すればホームレスになる事もないのですから‥。

 

 

 しかし、介護・福祉の仕事をするようになり、私の日本の社会保障制度に対する見方は、変わっていきました。

 

 働く事が出来るにも関わらず「働く気はある」と嘘をつき続け、20代の頃から生活保護を受給し続けている人を、たくさん見てきました。

 生活保護費が入ると、パチンコ店に駆け込む生活保護を受給し続ける人を、たくさん見てきました。

 無料だからと、ヘルパーを毎日訪問させ必要以上の掃除を要求し、それは出来ないと説明すると激昂する生活保護を受給し続ける人を、たくさん見てきました。

 

 勿論、生活保護が必要な人がいる事は、理解出来ます。

 ただ、人は、1度楽を経験すると、その楽を、是が非でも、手放したくなるものです。

 

 

 たとえば、精神疾患を持つ30代の生活保護受給者が、障害者枠で就職をし、人間関係に悩みながら10万円程度の給料を得て、生活保護を停止、若しくは一部停止されるよりも、就職をせず、家賃・生活費・医療費等を全て生活保護から受給し続けるという選択はある意味、合理的であるとも捉える事が出来ます。

 私自身「相談支援専門員」として、上記のような「働いて、生活保護を卒業したい」という希望を持つ、生活保護を受給する障害者が働く為に使う障害福祉サービスである「就労移行支援」というサービスを利用出来るように手続きをし、サポートをする仕事もしています。

 しかし、これまで、18人上記のような方の支援をしてきましたが、就職をし、生活保護受給を卒業する事が出来た人は、0人です。

 

 

 私は、生活保護受給者でも、医療・介護サービスには、自己負担を発生させるべき。

 生活保護受給には、期限を設ける。

 さらに、生活保護受給者が、都心に住む必要はないと考えています。

 

 

クレオ🧲🎮 on X: "南雲くんがボスをどう言う目線で見てるのかその一端が少し分かった回だった 言われてみれば確かにボスは『自分の正義感を示したいが為に悪が必要』って側面強いんだよな  でも何だかんだこういう仙水忍やプッチ神父的な正義に取り憑かれてるタイプの敵役 ...

 

 

 

 そして、ここからが、闇の深い部分になります。

 平均年齢が55歳である、所謂「おばちゃんケアマネ」は、上記のような疑問を持ちません。

 勿論、年齢に関係なく、上記のような疑問を持たれている方も一定数いますが、ごく少数です。

 

 そればかりか、サービスを使わせる事が、良いケアマネであると捉えていたりします。

 確かに、サービスを提供する事で、その高齢者(利用者)の生活を支援していると錯覚してしまいます。

 サービスを提供する事=ケアマネの仕事であると、勘違いをしている人が多いです。

 ただ、介護保険サービスを利用しないと、ケアマネは報酬の請求が出来ないという介護保険の仕組み自体にも問題がありますが‥。

 

 そして、高齢者や家族も、そのように自分たちの言う通りに動いてくれるケアマネを「良いケアマネ」であると評価します。

 しかし、これは冒頭のアルミンの言葉の通り、自分にとって都合の良い人を、良い人と解釈しているだけです。

 

 自分で、買物に行く事が出来る人に対して、ヘルパーが買物に行くような支援を提供する事が、良いケアマネなのでしょうか?

 自分で、掃除が出来たり、家族が協力出来るにも関わらず、ヘルパーが掃除をするような支援を提供する事は、良いケアマネなのでしょうか?

 1円もお金を払っていない生活保護受給者の要求を、笑顔で肯定し続ける事が、良いケアマネなのでしょうか?

 

 

 基本的に、介護・福祉で働く人は「誰かの役に立ちたい」という思いを持っている人が、多いです。

 心理学的に分析をすると、上記のような承認欲求を、高齢者の支援をする事で満たしていると捉える事が出来ます。

 これが、私が、上記に挙げてきたようなミスマッチを生みます。

 

 サービスを提供する人も、サービスを受ける人も、どちらも満足をしているのだから、良いのではないか?

 しかし、そのお金は、私達が払っている税金から支払われているのです。

 

 経済的な超ゆとり世代である現在の高齢者は、好きなだけ介護保険サービスを使う事が出来るかもしれません。

 ただ、私達のような30代や40代の働き盛りな世代は、このままでは、現在の高齢者の様に、介護保険サービスを使う事は出来ないでしょう。

 

 

 そして、多くのケアマネが所属している会社は、自社にケアマネの事業所だけではなく、訪問介護(ヘルパー)事業所、通所介護(デイサービス)事業所、訪問看護事業所、福祉用具事業所等を抱え、自治体から補助を貰っている社会福祉法人であれが特別養護老人ホームを抱え、医療機関がある事業所であれば診療所や訪問診療事業所を抱えています。

 

 つまり、高齢者や家族は自分の都合の良いようにケアマネにサービスを依頼し、ケアマネは自分で役に立っているという自己肯定感を抱き、そのケアマネが所属している会社や法人は、自社のサービスを使わせる事により利益を得るという仕組みが出来上がります。

 

 ここに、疑問を抱いても、誰も疑問に感じていない。

 疑問を投げかけても、数の論理で、押し込められる。

 

 

 

 私の会社は「介護を受ける人が幸せになる為に、まずは、介護で働く人を幸せにする」という世界観を提唱しています。

 その取り組みの1つとして、カウンセリング・スーパービジョン等の仕事をしています。

 申し込みをしてくれる中に、ケアマネも多く、精神的に疲弊をし、鬱病を発症し、辞めていくケアマネが後を絶ちません。

 

 そして、上記のように辞めていく人には、若くて能力のある人ばかりです。

 残念ながら、ケアマネの殆どが上記のような悩みを分析したり、その為に行動する事等せず、特に何も考えずに日々の仕事をしています。

 つまり「何か方法がないか」と考え、行動出来る数少ないケアマネが、私の所にまで辿り着いてるのです。

 

 当初、私は「一緒に頑張っていきましょう。」等というメッセージを伝えていました。

 しかし、最近では、異なるメッセージを伝えています。

 そのメッセージとは「辞めた方がいいですよ。」というものです。

 

 

 そして、仕事で抱えたストレスは、どうしても帰宅した後、家族に向いてしまいます。

 20代・30代で、能力が高く魅力的な人であれば、素敵なパートナーや可愛い子どもと生活を共にしている可能性が高いでしょう。

 安い給料の中、ストレスに囲まれ、仕事において成長する事もない中、家に帰り、その負の連鎖が、家族に向いてしまう事程、悲しい事はありません。

 

 

 

 あなたが、ケアマネでなくても、ケアマネと関わった事がなくても、是非、この現状を認識して、応援して頂きたいです。

 ケアマネが「介護保険」の鍵である事は、間違いありません。

 ケアマネがいないと、ヘルパーを利用する事も、デイサービスを利用する事も、ベッドを借りる事も、出来ません。

 

 最も避けるべき事態は、誰も、ケアマネをやらない時代が来る事です。

 

 どんな方面からでも良いので、この現状を理解して頂いて、応援して頂けると、幸いです。