アーニャがね、よく言うんですよ。危ない目に遭っても、ははが助けてくれるから大丈夫だって。あの子が笑顔ではしゃいでいられるのは、ヨルさんが安全基地になっているから10

 

 …宮兄弟。その名前が有名になってくるより前から、俺は双子を知っとった…

 

 「セッターか~。スパイカー見たかったなー。ジバ来んかな。ジバ。」

 「侑(ツム)アホやな。セッターは一番上手い奴がやるクールなポジションなんやで。」

 「じゃあ治(サム)セッターがええの?」

 「いや、スパイク打ちたい。」

 

 「‥なんかむっちゃ上手く打てた。」

 「な。」

 「ビビらんと入っといで。おっちゃんが、打たしたる。」

 …打たしたる…

 「‥セッター‥かっこエエな‥!」

 

 …双子は「上手い」よりか「強い」感じで、闘争心が人一倍旺盛。どちらかと言えば治の方が一枚上手で「治に挑む侑」がよくある構図…

 

 「治セッターやってみ。」

 「セッターは、一番上手い奴がやるポジションやし、しゃあないなー。」

 「うぐぬ~!!」

 

 

 …治も侑も負けず嫌いやったけど、侑の方は負けず嫌いで収まらない何かがあるような気がした…

 「えーじゃあ今日、セッターに侑。」

 「侑(ツム)知っとるか?色んなポジションやった方が、上手くなんねんで。」

 「黙って悔しがれ。クソ治(サム)。」

 

 

 …侑は見る度、セットの腕を上げとった。とくに治とのコンビは絶品で「宮兄弟」は、恐れられる様になっていった…

 「‥俺、今日めっちゃ調子良かってん。ボールが手に収まる感じ。離れる感じ。エエ感触で、ブロックも良く見えた。俺のセットに不満あった??」

 「‥いや別にー」

 「じゃあ、何で決められへんの??」

 

 「何やねん侑(アイツ)。」「上手いし、しゃあないやん。」「調子ノッてんねんて!」「実際双子調子エエと勝てるしな。」「ガマンやガマン。」

 

 「侑(ツム)嫌われとるで。」

 「‥で?」

 「‥俺は、絶対お前みたいにならんと、心に決めた。人に優しく生きるんや。」

 「何言うてんねん。」

 

 …小っこい頃から知っとる双子やけど、侑は時々怖いと思った。他人に・仲間に嫌われるってしんどいやんか…

 『ハイキュー』宮兄弟の子ども時代の回想です。

50 ++ 宮兄弟 ハイキュー かっこいい シーン - 最高の画像壁紙日本AM

 

 

 

 ジム・ルイスとジム・スプリンガーが、初めて出逢ったのは、39歳の時でした。

 

 2人はこれまで1度も出逢った事がないにも関わらず、同じ車種の車に乗り、毎年夏休みのバカンスはフロリダの同じビーチで過ごしていました。

 2人とも同じ銘柄のタバコを吸い、2人とも爪を噛む癖がありました。

 現在の妻の名前はどちらもベティで、前妻の名前はどちらもリンダ。

 息子の名前は、どちらもジェームズ・アラン。

 

 2人とも、スペリング(つづり方)が苦手で、数学が得意。

 DIYが趣味で、身長180㎝・体重80kgと体型も瓜二つです。

 自分の分身かのような2人ですが、彼らは、39歳まで1度も逢った事がありませんでした。

 

 

 彼らは「一卵性双生児」でしたが、別々の養親に育てられ、39年後に研究室で再会するまで、お互いの存在すら知りませんでした。

 生後間もなく、生き別れとなった「一卵性双生児」は「遺伝」と「環境」が、どのように影響を及ぼすのかを研究するには、これ以上ない研究対象となります。

 

 「遺伝的」に同じ2人の赤ちゃんが、別々の家庭で、別々の親に育てられるという事は「遺伝的」に同一の人間が、異なる親の元で育てられた時、どの程度まで似るのか、または、どの程度異なるのかを研究する事が出来るのです。

 

 

 双子は、興味深い存在です。

 自分にそっくりな人がこの世に存在する事を、想像してみてください。

 あなたが「一卵性双生児」であれば、これが現実のものとなります。

 

 

 双子には「一卵性双生児」と「二卵性双生児」の2種類があります。

 

 

 「一卵性双生児」は、1個の「卵子」と1個の「精子」が受精した時、細胞分裂のある時点で「受精卵」が2つに分裂します。

 この現象の理由等は、いまだ解明されていません。

 「一卵性双生児」は、1つの「受精卵」から誕生する為「遺伝物質」の100%を共有します。

 

 「遺伝物質」の100%を共有するという事は「遺伝的」に全く同じ「DNA配列」を持つという事です。

 その為「一卵性双生児」は、必ず同性となります。

 

 

 これに対し「二卵性双生児」は、普通の兄弟姉妹同様、2つの「卵子」に、2つの「精子」が受精し、生じます。

 ただ、普通の兄弟姉妹と異なり、受精が同時に行われる為、子宮内環境を共有します。

 「二卵性双生児」は、普通の兄弟姉妹同様、互いが共有している「遺伝子」は50%であり、同性にも、異性にもなります。

 

 『ゴールデンカムイ』二階堂兄弟は「一卵性双生児」、『推しの子』アクアとルビーは「二卵性双生児」です。

 『ハイキュー』宮兄弟は、見た目がそっくりな為「一卵性双生児」だと思われますが、性格・社会的な振る舞い・仕事等が侑と治で大きく異なる為「二卵性双生児」の可能性もあるかもしれません。

 

 

 

 心理学の研究においては、よく双子が使われます。

 「一卵性双生児」と「二卵性双生児」はともに、年齢が同じで、同じ家族の中で、同じ親に育てられた兄弟姉妹です。

 しかし「一卵性双生児」と「二卵性双生児」とでは「遺伝子」の共有割合が異なる為、双子は「自然実験」の対象となるのです。

 

 研究においては「対照実験」が必要となります。

 しかし「子育て」の研究において「対照実験」をする事は、出来ません。

 生まれたばかりの赤ちゃんを「経済的に豊かで情緒が安定している親」と「貧困で情緒が安定していない親」の2つの親の元に送り、その後の子どもの発達・能力・性格・収入等を観察する事は、出来ないからです。

 

 その点、双子であれば、倫理的な問題を問われる事なく、研究が出来るのです。

 仮に「家庭環境」が、子どもの発達・能力・性格・収入等に強い影響を及ぼしているのであれば「一卵性双生児」でも「二卵性双生児」でも「一卵性双生児」の方が共通の遺伝子が多い事とは関係なく、同じような観察結果となるはずです。

 

 

 

 1970年代後半、ミネソタ大学の研究者達は、乳幼児期に生き別れとなった双子を追跡する研究を開始しました。

 20年以上掛けて、離れ離れになった双子を100組以上探し出し、研究室に招待し、生物学的・心理学的な評価を行いました。

 双子の殆どは、研究室で逢ったのが、お互い初対面でした。

 

 この研究で得た発見は、驚きに満ちていました。

 外見は勿論、性格・気質・社会的な振る舞い・仕事・趣味に至るまで、別々に育った双子と、同じ親の元で育った双子との間に、違いがみられなかったのです。

 つまり、双子は、別々の家族の中、別々の親の元で育ったとしても、同じような性格・気質・社会的な振る舞い・仕事・趣味となるのです。

 

 この研究から、同じ家庭で育つ事の影響は「遺伝子」の影響よりも小さいという結論を導き出す事が出来ます。

 

 

 母親と父親の「遺伝子」が出逢い、世界にただ1人の人間が生まれます。

 現実には、子どもの、性格・能力・発達等の多くの事は「受胎」の瞬間に決まります。

 

 赤ちゃんの性格は、1人1人異なります。

 それも、誕生したその瞬間から、違います。

 

 「発達心理学」において、1人1人異なる行動の特性を「気質」と呼びます。

 「気質」は「遺伝子」に刻み込まれています。

 だからといって、子どもの行動に、親が影響を与えられないというわけではありません。

 

 ただ、その影響力には限界があります。

 つまり、何をするにしても、与えられた条件の元で、上手くやる方法を模索していく事を、理解しなければなりません。

 これは「自閉症(ASD)」「統合失調症」の研究からも、導き出す事が出来ます。

 

 この続きは、また後程。