カツイエ

 信長の父の代から、織田家に仕えた柴田勝家。「鬼柴田」と呼ばれ、織田家筆頭家老でした。

 19歳の頃に読んだ『センゴク』という漫画における勝家の最期が印象的で、現在でも記憶に残っています。

 勝家の最期が賤ケ岳の戦いです。秀吉最高傑作の戦と評されます。強さが絶対である戦国時代、これまでの秀吉は、兵糧攻めや水攻め等、合理的な戦こそすれど、どこか臆病な戦いが続きました。天下統一を果たすには、圧倒的な力を見せつける必要がありました。それが、秀吉にとっての賤ケ岳の戦いです。

 一方、勝家は、織田家を蔑ろにする秀吉を許すことが出来ませんでした。戦の能力であれば、勝家と秀吉は、甲乙つけ難く、実力も拮抗していました。しかし、勝家には政治力が欠けていました。あくまでも、「織田家の中で、活躍が出来る家臣」であり、天下を描くような技量には欠けていました。

 それでも、勝家には哀愁が残り、私は好きです。勝家のような武人から、武人プラスアルファが求められることが世に知られた戦いが、賤ケ岳の戦いであったと感じます。