サッカー好きならわかる

 日本代表の試合を観ていると、避難するかの如く川勝さんの解説を聴きたくなります。
 マンチェスターシティのフェルナンジーニョの立ち位置について、「サッカー好きなら、わかると思います。ボールにも、相手にも、行けない所をパスコースを塞ぐ立ち位置が。」と川勝さんは解説していました。
 サッカーを考えている人は、立ち位置1つでも、その選手が考えているのか、考えていないのか判断できます。
 翻れば、それを評価することが出来ない人は、多くの才能を潰していることになります。
 立ち位置、ボールの回転やスピード、1秒遅らせるドリブル等、考えてサッカーをしている人は、1つ1つの動きに全て意味があるのです。
 そして、それが有機的に繋がることが、サッカーの醍醐味です。
 安易に「すごい。」「さすが。」等の言葉に逃げず、何がすごいのか、説明する努力をするべきです。
 私は、サッカーを観ることができる大人が、どれだけ多くなるかが日本サッカー成長の鍵になると考えています。