ジャックドーシー2

 TwitterCEOジャックドーシーが、10億ドル、日本円にすると約1,100億円を、コロナウイルスとの戦いに向けて、寄付しました。

 先日、前澤氏が1人親に10万円を配ることを発表しましたが、この規模は10億円です。

 前澤氏はじめ寄付に対しては、批判も多く、私自身も、その行動には賛否を送りたい気持ちとともに、どこか違和感を感じていました。

 しかし、ジャックドーシーの1,100億円の寄付には、違和感を感じませんでした。

 圧倒的な強者には、素直に拍手を送りたくなるのが人間の性でしょうか。

 ただ、ジャックの経歴を見てきた時同様、「ジャック、大丈夫か?」と声をかけたくなりました。

 その理由は、1,100億円は、ジャックの資産の3分の1だからです。

 ビルゲイツも1億ドルの寄付をしましたが、この金額はビルゲイツの資産の1%にも満たない金額です。

 Twitterが社会に認知されるようになり、サーバーがダウンし、会社が猫の手も借りたい時、ファッションやヨガを学んでいて、周囲を驚かせた自由人ジャックドーシー。

 第2のジョブズと称されるジャックドーシーは、寄付でも、異才を放っています。