事前に答えを用意しておく

 ウィンストン・チャーチルは、どのような質問にも良い返答ができるように、様々な質問を想定し、その答えを事前に準備していました。
 あたかもその場で答えているかのようなチャーチルの言動は、全て事前に用意されていたものでした。
 これは、私達の仕事にも活かすことができます。
 予想だにしないこと、特に相手が感情的になっている時に、こちらも事前の準備ができていないと相手の感情に相対してしまいそうになります。
 感情的な相手に、感情的に対応しては、相手と同じ土俵に立ってしまい、私達の成長も止まってしまいます。
 チャーチルのように、様々な場面を想定し、答えを用意することで、感情的な相手に対しても、すんなりと大人の対応ができるようになると思います。