人の本質は、第一印象と逆

 よく、「第一印象で、人は決まる。」と言われます。
 たしかに、第一印象は大切です。
 しかし、第一印象を頑張りすぎてしまうと、その後の関係性を継続していくことが困難となります。
 第一印象が良すぎると、そこから減点方式となってしまうからです。
 初対面では、誰もが緊張します。
 人は緊張した状態になると、本来の自分と逆を演じる傾向にあります。
 「私は、協調性があります。」と言う人は、「私は、協調性がないので、協調性があるように見られたいです。」
 「私は、リーダーシップがあります。」と言う人は、「私は、リーダーシップがないので、リーダーシップがある人に憧れます。」
 「私は、変わり者です。」と言う人は、「私は、普通の人間なので、変わり者と思われていたいです。」
 自分が欠点だと意識している部分を、わざわざ強調していることに気づきます。
 第一印象で、異常な程に礼儀正しい人は、ヒステリックな人が多いです。
 第一印象で、異常な程に笑顔を振りまく人は、好き嫌いが激しい人が多いです。
 第一印象で、異常な程に難しい顔をしている人は、何も考えていない人が多いです。
 上記のようなことを、仮説として持つと、精神的に楽になります。
 第一印象とのギャップに、いちいちショックを受けなくて済みます。
 初対面の第一印象は、相手が最も苦手な部分を厚化粧していると考えて、ほぼ間違いないです。