住宅ローンで生き方を縛る

 会社に就職をし、念願のマイホームを購入したものの・・・。
 私は、住宅ローンは、人生最大の投資かもしれないと考えています。
 就職した会社が10年後に存在しているのかもわからず、自身が精神的に働き続けることができるのかもわからず、近隣に迷惑な人が住んでいるのかもわからず、・・・。
 不安を挙げれば、きりがありません。
 昭和の働き方を振り返ると、「住宅ローンも組んでいるわけだし、一生この会社で働いてね。」と住宅ローンと定年まで働き続けることがセットになっていることに気づきます。
 多くの会社員は、雇用契約と、もう1枚住宅ローンと会社に生涯契約を交わしています。
 そして、多くの会社員は、この呪縛に気づいていませんでした。
 現在は、働き方も、徐々にではありますが、流動的になりつつあります。
 これとともに、住宅ローン神話も崩れていくのか。
 生き方に直結する住む場所の考えが、10年後どのように変化しているのか興味が湧きます。