優しい言葉

 「優しい言葉」は生きていくために必要です。
しかし、優しい言葉はすぐに乾いてしまいます。
 優しい言葉は、案外すぐに忘れてしまうことが多いように思います。
乾かない言葉は、「悔しく感じた言葉」「傷ついた言葉」等であったりします。
それらの言葉は、出来れば言われたくない言葉です。
 ただ、案外それらの言葉が自分の燃料や電池になったりします。
たとえるならば、「なりたい自分」よりも「なりたくない自分」の方が想像しやすいのと同じ現象でしょうか。
 それでも、毎日の頑張りを継続していくには、優しい言葉が不可欠です。
作物に雨が必要なように、人には優しい言葉が必要だと感じます。