千住大橋を渡り、家康を思う

 先日、仕事で足立区に行く必要があった為、車で千住大橋を渡りました。

 その時、家康を思い出しました。

 家康は、東北地方からの反乱予防の為、東北地方から江戸に渡る橋を、千住大橋しか作らせませんでした。

 いかにも、周到な家康らしい戦略です。

 その効果もあってか、徳川政権は、世界史においても稀に見ぬ260年もの天下泰平の時代を構築しました。

 千住大橋を渡りながら、ふと、家康を思いました。