売れなかったからこそゴッホの作品は輝く

 ロンドンの美術館にて、ゴッホのひまわりを観た時、「何度も観たい。」と感じたことを覚えています。
 現代では知らない人がいない画家、ゴッホは、生前時1枚しか絵が売れませんでした。
 ゴッホは、死後世界的な画家となりました。
 ゴッホが、死後世界的な画家になれたのは、生前に絵が売れなかったからではないでしょうか。
 仮に、1枚の絵がヒットすると、次の作品はヒットした絵と似たものになってしまいます。
 人は、無意識に過去の成功体験に縛られているからです。
 ゴッホの数々の作品が評価されているのは、売れたという成功体験に縛られなかったからであると思います。
 過去の成功体験に縛られないことをゴッホから学ぶことができます。