妬み感情が生まれる時

 妬み感情は、とてもやっかいなもので、気づかぬうちに自身が加害者になることも、被害者になることもあります。
 そして、人間関係の悪化は、妬み感情が起因となることが多いです。
 では、妬み感情はどのような時に生じるのでしょうか。
 妬み感情は、互いの関係性において「類似性」と「獲得可能性」が高くなると生じると定説されています。
 類似性とは、性別や職種、趣味傾向等が、どれくらい似ているかを示す指標です。
 つまり、自分と同レベルの立場の人が、自分より優れたものを手に入れると、悔しい気持ちが大きくなると定説されています。
 獲得可能性とは、相手が持っているものに対して、自分も得られるのではないかという可能性です。
 自分と同レベル、もしくは僅差であると思われる人が、自分が手に入らないものを手に入れ、または自分が届かなかったレベルに到達してしまった時に、妬みが生まれやすいと定説されています。
 妬みのメカニズムを知れば、対策を立てることができます。
 その対策は、相手から類似性も、獲得可能性も、抱かれないようなポジションに、自身が立つことです。
 すぐには難しく、そのためには多大な能力と運が必要です。
 しかし、妬み感情に悩まされない為には、この方法をとることが最も有効です。