思いし神

 世の中には、様々な神が存在します。

 ある地域では、「思い蟹」という神様が言い伝えられてます。

 神と妖怪の区別は曖昧ですが、神や妖怪の名前は、その個性が由来になっていることが多いです。

 思い蟹の個性は、「重さ」と「思い」です。

 思い蟹は、後悔や心配事等の思いを、重さと一緒に奪います。

 思いという形のないものを、重さという形のあるものに置き換えるのです。

 目に見えていたものがなくなった時、人は初めてその思いの重さを知ることになります。

 思いとは、どのようなものであれ、自らが背負っていかなければならない、まるでそれがあなたの課題であるかのように示す神、それが思い蟹です。

 神は、何もせずに導きばかりを待つ人ではなく、自らの課題に向き合い、取り組む人を応援します。