感覚

 どのような方でも、自身の感覚を持ち、生活をしていると思います。
たとえば、私は「折り返し、電話をします。」という言葉に対し、遅くとも1時間以内には電話を折り返すのが当たり前だと思います。
 しかし、平気で翌日に電話をしてきたり、電話すらしてこない方も多数存在します。
もちろん、先方にも本人しか理解できない事情があるかもしれません。
 そのため、無為に批判することはできません。
ただ、このように自身の感覚と、他者との感覚のズレが生じることが多々あります。
 この自身と他者との感覚のズレと上手に付き合うことが、仕事のしやすさに繋がるのかもしれません。