支えられる側から支える側へ

 高齢者等は、支えられる側という認識が強いと思います。
しかし、私は高齢者も支える側に回ることも必要であると感じています。
 支える側というのは、仕事をすることやボランティア等ばかりではありません。
経済的に支える側に回るという選択もあるはずです。
 現在の高齢者は高度経済成長・バブル経済等、右肩上がりの好景気の恩賞を受けている世代です。
年金は払ったよりも、多額の支給を受けることができます。
 私達が高齢者になった時には確実に年金受給年齢は上がり、支給額も減少しているでしょう。
そして、今後も仕事をしていれば給与が上がる時代ではありません。
 今後高齢者は支える側に回るという選択もあるのではないでしょうか。