新しい価値観への挑戦

 日本人は、大人になっても学校教育からの呪縛に捉われていると感じることが多いです。
 皆が参加する研修には参加するべきであるとか、その研修受講を資格取得や更新の要件としたります。
 そして、その研修も学校教育そのままの座って話を聞くだけのものです。
 働き方改革が叫ばれる中、多くの企業や団体等は、以前変わらず、このようなスタイルをとっています。
 研修は自身が有用であると判断したものを受けるべきですし、無用な研修を受けるのであれば、本を1冊読んだ方がその人の実力は向上します。
 「皆がそうだから。」や「昔からそうだから。」という考えは1度捨て、新たな価値観に挑戦するべきであると感じます。