歴史の楽しみ方

 歴史の楽しみ方の1つにもしもこうだったらという想像を膨らませることがあります。
もしも、関ケ原の戦いにおいて石田三成西軍が黒田官兵衛を頼っていたら歴史は変わっていたかもしれません。
 秀吉が信長家臣筆頭になれたのは竹中半兵衛の力であり、天下人になれたのは黒田官兵衛の力であると思います。
半兵衛亡き後、豊臣勝利に終わる戦のほとんどは軍師官兵衛が描いたものでした。
 石田三成は、戦をする実行部隊でも、軍師でもなく、兵糧を運ぶ手筈を整える役回りでした。
この点において、三成に敵うものは日本史上いないでしょう。
 しかし、三成には戦いの絵図を描くことと実際に戦うという2点が欠けていました。
豊臣にて、戦いの絵図を描いていたのは官兵衛であり、実際に戦っていたのは福島正則や加藤清正等、東軍に属していた武将でした。
 もしも、三成が自身のプライドを捨て、官兵衛に頭を下げ協力を得ていたら、関ケ原の勝敗は逆のものになっていたかもしれません。