現実

 先日、私の会社の近くのお店が閉店しました。
「お疲れさま。」という気持ちの反面、窓からお店の姿を見ていると現実が見えてきました。
 閉店1週間程前からテナント募集という張り紙が貼られ、閉店翌日からお店を片付ける業者が入っていました。
仕事の余韻に浸る暇もなく、現実が襲ってきます。
 経営者は、常に会社の存続と戦っています。
会社の存続とは、利益です。
 当然ですが、利益を出し続けなければ会社を続けることはできません。
閉店後の現実を見ながら、自らの会社に置き換えて考えることができました。