致命的な敗北を避け、また挑戦すればいい

 私が感じる信長のすごい所の1つは、逃げ足の速さです。

 信長は、「これは、あかん。」と感じたら、自らが先頭となり、逃げます。

 自分が生きてさえいれば、この戦で負けようが、また立て直すことが出来ると感じていたのではないでしょうか。

 実際、信長は結構負けています。それにも関わらず、その負けが致命的になっていません。

 その理由が、信長の逃げ足の速さです。

 勉強や仕事、投資、人生においても、何かに挑戦すれば、失敗することは当たり前です。

 失敗しても、信長のようにその失敗が致命的になる前に逃げ、立て直しを図り、また挑戦すればいいのです。

 信長の人生から、「致命的な敗北を避け、また挑戦すればいい。」というシンプルな成功哲学を学ぶことが出来ます。