言葉の選択

 私が仕事で関わる対象者のなかで、「バカヤロー」等感情的な表現を大きな声でする人がいます。
高齢だから、障害だから、病気だからといった理由で、子どもの喧嘩のようにただ人を攻撃するような言葉の選択をしてもよいのでしょうか。
 このような人と関わると正直疲れるし、できれば関わりたくないというのが本音です。
介護をする人は優しい人というイメージを定着させ、社会がそこに大きく甘えることで現在の介護保険制度は成り立っているような気がします。
 そろそろこの甘えから脱却するようなシステムにするべきです。
そうすることが1番の介護現場の離職者を防ぐ方策であると思います。