話し合い第一主義

 日本人は、話し合いが大好きです。
好きというか、自らの保身のために話し合いを利用します。
 話し合いで決定したことが、仮に失敗しても、特定の人の責任にはなりにくく、うやむやに終了させることができます。
これは、日本史を振り返っても納得できます。
 飛鳥時代の聖徳太子が掲げた「十七条の憲法」から、明治維新を成し遂げた新政府が掲げた「五箇条の御誓文」から現代まで継続して言っていることは
同じです。
 「まず、話し合いをしましょう。」ということです。
話し合いをしてリスクを背負わない背景には、勝者と敗者を分けたくない、つまり競争が嫌いな日本人の心理があるように思います。
 その点を考慮するのであれば、近代以降日本はよく共産主義にならなかったものだなと感じます。
もちろん、話し合いが全て悪いわけではありません。
 さらに、競争が全て悪いわけではありません。
話し合いと競争を上手く、ブレンドしながら働き方・生き方を選択していく必要があるのではないでしょうか。