貯蓄に回すのは当たり前

 先日、麻生氏が「商品券はいいね。貯金に回らないから。」と意見を述べていました。

 内閣でも、現金給付や減税ではなく、商品券等という案が出ています。

 話し合い重視の日本の政府には、ほとほと呆れてしまいます。

 緊急事態には、リーダーが、独断でもいいので、迅速にことを進めるべきです。「功遅は拙速にしかず。」上手だが遅いよりも、下手だが早い方がよいことは多々あります。後から、批判することは誰でも出来、そのような批判を恐れていては、何も選択等出来ません。

 その為には、所得制限や商品券等、時間のかかることはせずに、現金給付をすべきです。

 高所得者からは、確定申告等で対応するようにすればいいのではないでしょうか。

 また、貯蓄に回すのは当たり前です。貯蓄に回すことを恐れた経済政策等、政府はどれだけ国民を無能であると感じているのか疑問を持ちます。

 経済とは、あるお金を使い切ることではなく、貯蓄という余裕を持ちながら、お金を使っていくことです。