質問に答える

 衆議院選挙の報道を聞いていると、質問に答えている人がほとんどいないことに気づかされます。
消費税増税をしないのであればその財源をどうするか?という質問にも関わらず、阿部批判をしています。
 人の批判をするのは簡単ですが、こちらが聞きたいのは人の批判ではありません。
問題に対するアイデアを聞きたいのです。
 しかし、振り返ると質問に答えるというとてもシンプルなことも意識しないとできないように感じます。
質問よりも、自らの頭に浮かんでいることを伝えてしまいがちです。また自分の知識不足のことであれば、言葉でごまかしがちです。
 「質問に答える。」このとてもシンプルなことを10年間続けることができれば他社との差別化が図れるかもしれません。