逃げも立派な戦術

 本能寺の変にて、最期を迎えたのは信長だけではありません。
 信長の息子、信忠もまた、本能寺の変にて最期を迎えます。
 本能寺の変当時、信長は家督を信忠に譲っていました。
 信長は、信忠の実力を認めていたことが伺えます。
 幸か不幸か、本能寺が襲撃された時、信長は信忠の謀反を疑ったと語り継がれています。
 光秀は本能寺を襲撃後、次の標的を信忠に定めます。
 つまり、信忠には逃げる時間が残されていました。
 しかし、信忠は逃げずに、戦う道を選択します。
 結果的に、信忠は敗れ、自害します。
 その後は、織田家は家督争いの中、勢力を弱くし、天下を秀吉に盗られてしまいます。
 もし、信忠が逃げ、生き延びていれば、日本史は大きく異なるものになっていたでしょう。
 歴史は、時折教えてくれます。
 逃げることも、立派な戦術であることを。