郵便

 介護保険の書類等、役所関係の書類は高齢者宅へ郵便で届きます。
しかし、高齢者の方の多くは郵便の管理が難しいです。
 特に役所関係の書類は難しいからと、開けることもなく、捨ててしまったりします。
また、こちらが「書類が届くから、届いたら連絡をください。」と伝えても、そのこと自体を忘れてしまいます。
そのため、こちらが知りたい情報を知ることが困難なケースがよくあります。
 そのような実態があるにも関わらず、役所は高齢者の方へ直接郵便を送る方法しかとりません。
たしかに、個人情報の関係等があるから、致し方ないことなのかもしれません。
 しかし、郵便の受け取り1つに時間を割かれるのはスムーズな仕事とは言えません。
介護保険関係の書類は、ケアマネジャーにも送る等、柔軟な対応に取り組んでいただきたいと感じます。