金と銀

 江戸時代、日本には大きく分けて2つの通貨が流通していました。
日本の東側は金が流通し、西側は銀が流通していました。
 つまり、江戸では金が流通し、大阪では銀が流通していました。
この利ざやを利用し、お金を得た商人が江戸時代にいたようです。
 投資家は、江戸時代から存在していました。
何がお金儲けにつながるという視点を持ち続けた人が、どの時代にも成功の可能性を高める人のようです。